22967320_s.jpg
22967641_s.jpg

フランス語で『空』『天』の事を Ciel と言います。

青空、夕暮れ空、星が散りばめられた空、そして夜明けの空。

時間帯とともに変わる空の色は光の波長で様々な色、表情へと変化を遂げていく。

宝石も同様に、光の波長で七色の虹に見えるダイヤモンド、深紅の夕暮れのようなルビー、紺碧の空のようなサファイアなど、様々な種類があります。

一般的に婚約指輪は無色透明なダイヤモンドであるという概念がありますが、自分達だけの色を持たせたいと思う方も

多いのではないでしょうか。

固定概念を取り払い、ブライダルやファッションジュエリーにも多様性を。

現在この日本でも様々な形のカップルの方々が多く、男性だからこのデザイン、女性だからこのデザイン、異性のカップルでしか身に着けられないようなデザイン性のペアリングに、二人だけの愛の証を探すにも時間が掛かってしまったりされる方はけっして少なくないのではないでしょうか。

​そこで弊社のCielという名前の二つ目の意味、『空に架かる虹』というコンセプトを元に、Rainbow Prideを応援させて頂くべくLGBTQのお客様に積極的にご利用して頂ければと思っております。

弊社では性別や概念、常識に囚われず、お客様だけの愛情の色、個性の色を宝石に乗せた婚約指輪やペアリング、ファッションジュエリーなどのオートクチュールジュエリーをご提案させて頂いています。

LGBTQの当事者であるStaffも在籍しておりますので、お客様の『自分らしさ』を光らせることの出来るジュエリー探しのお手伝いをさせていただいておりますのでお気軽にお申し付けください。